コンセプトをぶつける。

発信する媒体を必要とするオーガナイザーの
その瞬間に起こっていることを切り取り、
進化し続ける確固たる意志の実現

イメージを形に。

ビジネスに必要な機能を持ったWebサイト
伝えたいことをより効果的に伝えるコンテンツ
アイデアを具現化するシステム

シンプルかつスピーディーに。

余計な機能を一切加えず、
コンセプトに応じたシンプルなものを
スピーディーに具現化

screen-shot

◯今回のエラーメッセージ
jquery.js?ver=1.12.3:2 Uncaught Error: Syntax error, unrecognized expression: a[href*=#header],a[href*=#respond]

セレクタの指定の仕方によってはエラーが出る

WordPressコアに含まれるjQueryがver.1.12.3に上がると
a[href*=#header] とか a[href*=#respond] のようなセレクタ指定をすると読み込まなくなっていました。

consoleで表示するとjquery.js内でシンタックスエラーがあるようなメッセージに見えるので、
「jqueryコアがそんな間違いを犯すのか!?」と勘違いしてしまいました。
調べてみるとまだ対応が終わっていないプラグインのユーザーを中心に、このエラーで世界中のWordPressユーザーが困っているようでしたので、忘れないように書き留めておきます。

解決方法は「ID名・CLASS名をクォーテーションで囲む」

表示されているエラー内に原因のセレクタが表示されているので、このセレクタを全てのjsファイルから探して以下のように修正します。

誤 → jQuery("a[href*=#header],a[href*=#respond]").click(function() { // 略 正1 → jQuery("a[href*='#header'],a[href*='#respond']").click(function() { // 略 正2 → jQuery('a[href*="#header"],a[href*="#respond"]').click(function() { // 略

deregisterして好きなバージョンのjQueryを読み込む方法

全てのjsファイルを見つけ出して修正することが難しいのであれば、これまで問題のなかったバージョンのjQueryソースファイルを読み込む方法もあります。もちろん変更前後のバージョンでどんな差分があるのか把握した上でお使いください!

急ぎで復旧が必要な場合にはfunctions.phpに以下のコードを書き込んで解決できます。

functions.php

wp_deregister_script( 'jquery' );
wp_enqueue_script('jquery','http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.2/jquery.min.js'); //任意のバージョンを指定

動画で答える!
WordPressに関するあなたの質問

経営者・主催者・起業家の皆さんがWordPressに
慣れないうちにサイトを作っていると、
わからないことや解決したいことがたくさんあると思います。

ネットで検索すればだいたいの問題は解決するのが、
WordPressのいいところでもあります。

たくさんの人が使っているWordPressだからこそ、
自分と同じような問題をクリアした人がその答えを
シェアしてくれているのです。

長い公式英文ドキュメントや分厚い参考書を読んで、
わからなかったことがわかるようになることも
非常に大事ですが、これはWeb制作をサービスとして提供している人だけです。

主たるサービスをすでにお持ちで、
それをWebの可能性を使って拡張していこうとする
経営者・主催者・オーガナイザー・起業家にとっては、
これらの問題は手枷足枷でしかないはずです。

これらの手枷足枷をはずして、本来、力を発揮するべき
ことに注力できるようにするのが、我々Webに携わるものの
存在意義であると考えます。

あなたが抱えるWordPressに関する質問・悩みに、
あなた専用の回答動画をお作りしてお送りいたします。
あなたが目標を達成するための一助になれば大変幸いです。
ぜひご活用ください。

Sample